忍者ブログ
アフリカ・エッセイコンテスト受賞作品を紹介
[6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ アフリカ2008キャンペーン主催  アフリカエッセイとは ■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2008年はアフリカをテーマとした第4回アフリカ開発会議(TICAD IV)と洞爺湖サミットが日本で開催され、日本とアフリカがぐっと近づきます。

みなさんはアフリカにどんなイメージをもっていますか?

紛争、難民、動物、貧困、エイズ…それらはアフリカの一面でありながら、アフリカで生きる人々の姿を反映しているものではありません。
アフリカの草の根の人々や市民は、明るく力強く、明日に向かって頑張っています。

日本でアフリカに触れ、「がんばるアフリカの人々」を応援する機会を提供するために、2007年に開始した「アフリカ2008キャンペーン」では、5月に横浜で開かれる「第4回アフリカ開発会議(TICAD IV)」を前に、アフリカと日本の交流を深めるためのエッセイ(作文)を募集しました。

同会議では、アフリカの開発、気候変動などについて話し合われます。
この会議を前に、日本の私たちにできることは何か、知らないうちにつながっている日本とアフリカの関係とは何か、そして今話題となっている、気候変動のアフリカへの影響について、考えてみることを目的にしています。

入賞した方には、副賞として、アフリカの駐日大使公邸での食事に招待されるほか、受賞作品が、朝日学生新聞の紙面と朝日新聞ホームページに掲載されることになっています。
また、一般部門の最優秀賞者と英国大使賞受賞者には、10日間のアフリカ旅行をプレゼントの予定です。

==========================================================
応募要綱
==========================================================

■募集部門とテーマ
    小学生部門   「がんばっているアフリカの人たちへのメッセージ」
    中学生部門   「アフリカのために日本からできること」
    一般部門(高校生以上)  「気候変動と日本・アフリカ関係」

■文字数
    小学生部門  600~800文字以内
    中学生部門  800~1200文字以内
    一般部門    800~1200文字以内

■募集期間
    2008年1月10日(木)~2008年3月20日(木)

■発表  
   2008年3月29日(土) 

■授賞式
 2008年4月6日(日) 朝日新聞東京本社14階にて開催。

■賞    最優秀賞・優秀賞・横浜市長賞・英国大使賞 各1名

   ※ 横浜市長賞は、横浜市在住・在学の小・中学生の中から選ばれます。
   ※ 英国大使賞は、一般部門のみです。

■審査員
 逢沢一郎(衆議院議員、日本・アフリカ連合(AU)友好議員連盟幹事長) 
 勝間 靖
   (早稲田大学大学院アジア太平洋研究科准教授・アフリカ研究所所長) 
 川口良一(横浜市開港150 周年・創造都市事業本部長) 
 熊岡路矢((特活)日本国際ボランティアセンター理事(前代表)) 
 黒川恒男(独立行政法人国際協力機構(JICA) アフリカ部部長) 
 高瀬康夫(外務省アフリカ審議官組織アフリカ担当特別調整官) 
 辻本昭彦(東京都武蔵野市立第一中学校教務主任) 
 林 達雄(( 特活) ほっとけない世界のまずしさ代表理事) 
 グレアム・フライ(駐日英国大使) 
 松本仁一(ジャーナリスト、元朝日新聞編集委員) 
 宮司正毅( 元三菱商事(株)常務執行役員) 
 村田俊一(国連開発計画(UNDP)駐日代表) 
 E.E.E. ムタンゴ
      (在京アフリカ外交団長/駐日タンザニア連合共和国大使)

■応募方法 
    応募用紙をホームページ(
http://www.africa2008.jp/essay.html
 からダウンロードして必要事項を記入の上、メールまたは郵送にて応募。

■主催 アフリカ2008キャンペーン

■後援
    朝日新聞社、朝日学生新聞社、外務省、アフリカ外交団、
   (特活)開発教育協会、国連開発計画(UNDP)、(特活)ほっとけない
   世界のまずしさ、独立行政法人 国際協力機構(JICA)、文部科学省、
   横浜市、DFID(英国国際開発省)/英国大使館

■問い合わせ先
    アフリカ2008キャンペーン事務局  (担当:長島) 
    〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-21-1
    早大西早稲田ビル7階プロジェクト室613-6号室
    早稲田大学アジア太平洋センター気付
  (特活)TICAD市民社会フォーラム内
    TEL:050-5532-7910    FAX:03-5286-8261
    E-mail:
essay@africa2008.jp    
      URL:http://www.africa2008.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■アフリカ2008キャンペーンとは■

   2007年3月から開始されたキャンペーン。
   「アフリカ人の声を聞け」を合言葉に、アフリカの草の根で貧困や不正、
 紛争と戦い、未来を切り開くアフリカ民衆・市民の姿を紹介し、支援の
   輪を広げることを目的に、日本国内でアフリカに関連するさまざまな
   イベントを提唱・実施。
   事務局は、(特活)TICAD市民社会フォーラム内。
   活動の詳細は、
http://www.africa2008.jpをご覧ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
プロフィール
アフリカ2008キャンペーン:
アフリカ2008キャンペーンは、「がんばるアフリカ」を応援するために2007年3月から始まりました。
2008年5月に横浜で開催される第4回アフリカ開発会議(TICAD IV)に向けて、アフリカの人の声を届けます。
バーコード
ブログ内検索