忍者ブログ
アフリカ・エッセイコンテスト受賞作品を紹介
[21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私立横浜雙葉中学校2年
飯島 美帆(いいじま・みほ)さん 14歳

「信頼しあえる世界の為に」
(原文のまま掲載しています)

 私は小さかった頃、父の仕事の関係で五年間、南アフリカ共和国に住んでいた。まだ幼なかった頃であったから詳しいことはあまり覚えていないが、楽しかった生活であったことなど良い思い出しか残っていない。でもそれは、家族に守られていたからだったと思う。でもそんな考えは甘く、現在でも、強盗、殺人は昼間から行われ、日常茶飯事で、停電もよく起き、政治も不安定だ。しかし、最も深刻なのは貧困だと思う。現在、アフリカで一日一ドル以下で生活している人は全体の約四十パーセント以上で日本よりかなり多い。また貧困は、アフリカの不安定な現状の最も根本的な原因の一つだと思う。貧困が広まると、食糧などを求めて強盗や犯罪などが起き、また、それらが起こると人びとの中に不安や混乱などの気持を引き起こして、ますます、情勢を悪くするからだ。

 私は日本で生まれ、日本で育ち、特に不自由な生活はしたことがない。アフリカで滞在していた間もそうだった。日本に住んでいる多くの人もそんなに不自由な生活をしている人は少なくないはずだ。だからあまり、一日一ドル以下の生活は想像ができないが、ニュースや新聞を読んで見て、その苦しさ、大変さはとてもよく伝わってくる。何とかしなければいけないと、とても強く感じる。私一人がアフリカに行っても、今のままではできることは少ないだろう。だが技術の進んでいる日本なら、できることも多いはずだ。現在でも日本はアフリカに、色々な経済的な援助をしている。だが、金銭的な寄付だけではあまり変わらないと思う。病院での手術などの技術・道路整備や、学校の教育向上の為にも、お金だけではなく、物、人を派遣する必要があると思う。また日本だけではなく私達一人一人にもできる事があるはずだ。例えば私は貧しい子供達の為に使わなくなった鉛筆やノート、消しごむなどの文房具類や、小さくなって着れなくなった洋服などを集めて送っている。小さなことだけれども、多くの人がやればやるだけ、貧しい子供たちを一人でも多く救ってあげることができる。また、私たちの中でも、物を大切に使おうとする気持ちが生まれてくるのではないか。

 アフリカの貧困が良くなれば、エイズなどの病気に感染する人も減少し、犯罪も少しは減るのではないかと思う。またそういった社会を実現する事で全ての人が信頼しあえる世界をも創り出すことができるのではないかと思う。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
アフリカ2008キャンペーン:
アフリカ2008キャンペーンは、「がんばるアフリカ」を応援するために2007年3月から始まりました。
2008年5月に横浜で開催される第4回アフリカ開発会議(TICAD IV)に向けて、アフリカの人の声を届けます。
バーコード
ブログ内検索