忍者ブログ
アフリカ・エッセイコンテスト受賞作品を紹介
[12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

松本想叶(まつもと・そのか)さん
神奈川県横浜市立荏田西小学校1年 7歳

「わすれたくない」
 
(原文のまま掲載しています)


 わたしはアフリカにいったことがない。でも、学校のこくさいりかいのじかんに、ガーナというアフリカの国の人たちがきてくれた。

 さいしょあったときは、男の人なのにかみをむすんでたり、スカートみたいなものをはいていて、びっくりした。そのうち、たいこにあわせてダンスをしてくれた。

 いえにかえったら、おかあさんがいった。
「ダンスには、いろんないみやねがいがこめられているのよ。」
「え、ほんと?まるで日本のぼんおどりみたい。」
「そうね。たいこもおなじね。」
アフリカ人も日本人もおなじ人げんなんだとおもった。こんどいつか、かぞくとでアフリカにいって、ぼんおどりを見せてあげようとおもった。

 つぎの土よう日、キャンプにいった。すごくはなれたところからテントまで、水くみの手つだいをした。いつもはおとうさんがやってくれるので、おもくて大へんだった。おとうさんがいった。
「アフリカには、いえに水どうがなくて、まい日まい日お水くみをしている子どももいるんだよ。」
しんじられなかった。そういう人たちになんていってあげたい?とおかあさんにきかれたけど、なにもことばが出てこなかった。どうしてかというと、「がんばって」て、いっても、もういっぱいがんばってるだろうし、わたしは日本にすんでるから手つだえないから。

 こんしゅうの日ようにもキャンプにいくけど、水くみのときにアフリカのことをおもいだすかもしれない。なにも出きないけど、アフリカのことをおもい出したり、かんがえたりは出きる。いつかアフリカにいけるまでわすれたくない。わすれたくないとおもっていること、アフリカの人たちにつたえたい。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
アフリカ2008キャンペーン:
アフリカ2008キャンペーンは、「がんばるアフリカ」を応援するために2007年3月から始まりました。
2008年5月に横浜で開催される第4回アフリカ開発会議(TICAD IV)に向けて、アフリカの人の声を届けます。
バーコード
ブログ内検索